哲学ラジオ[第9回]ソクラテス1-9「喜劇になったソクラテス その2」



アリストパネスの『雲』。紀元前423年に発表されたこの喜劇によって、ソクラテス=ソフィストというアテナイ市民の理解は確固としたものとなりました。それから24年後の紀元前399年。ソクラテスは裁判にかけられることとなります。

『雲』がソクラテスの裁判に与えた影響とは何だったのか?彼と同様訴えられたソフィストたちは他にも存在した?ソクラテスは特異なソフィストだった?「ソフィストとしてのソクラテス像」を様々な角度から浮かび上がらせます。


0:00〜 当時のソフィストに対する裁判状況
1:45〜 アリストパネスの『雲』がソクラテスに与えた影響
5:09〜 奇人ソクラテスとギリシャの若者たち
6:31〜 ソクラテスとソフィストの違い


アプリで聴く場合はこちら
Anchorで聴く
Amazon Musicで聴く
Apple Podcastで聴く
Google Podcastで聴く
Spotifyで聴く


これまでの哲学ラジオはこちら↓
「哲学ラジオ」放送一覧


出演:栗山はるな/土岐悠太/渡辺洋平
構成:土岐悠太
Twitter:哲学ラジオ(@tetsugaku_radio