哲学ラジオ[第10回]ソクラテス1-10「ソクラテスはなぜ死んだのか? その2」



ソクラテスが裁かれることになった民衆裁判所。それは抽選で選ばれた一般市民からなる一大司法機関であり、その裁判員の人数は6000人だったとされています。それほどまでに多くの市民が裁判員として従事することになったのには、ポリス運営の枢要を担う裁判に関わることは大変誇り高いことだとされた文化的背景がありました。

アテナイには裁判官はいなかった?アテナイ市民は無類の裁判好き?下層市民にとって裁判に参加することは誇りだった?ソクラテスの訴訟は国家全体に関わる問題とみなされた?
アテナイにおける裁判制度とその特徴について詳しく見てゆきます。


0:00〜 ソクラテスが死刑となった3つの理由
0:35〜 アテナイの民衆裁判所
3:12〜 アテナイ市民は裁判好きだった?
3:55〜 アテナイの直接民主制
5:11〜 ソクラテス裁判当時の裁判制度
9:57〜 ソフィストも裁判に負けていた?


各種プラットフォームで聴く場合は場合はこちら↓から。
不定期更新となりますので、是非とも各プラットフォームにてフォローよろしくお願いします。
Anchorで聴く
Amazon Musicで聴く
Apple Podcastで聴く
Google Podcastで聴く
Spotifyで聴く


これまでの哲学ラジオはこちら↓
「哲学ラジオ」放送一覧


出演:栗山はるな/土岐悠太/渡辺洋平
構成:土岐悠太
Twitter:哲学ラジオ(@tetsugaku_radio